パニック障害 原因

パニック障害 原因

パニック障害 原因

 

パニック障害の原因の1つに挙げられるのが、脳内のセロトニン不足が、パニック障害の原因だとも言われています。

 

パニック障害の原因である、セロトニン不足とは、人間は不安を感じると、ノルアドレナリンが分泌されます。

 

私達は、予期しない恐ろしい目に遭うと、心臓がドキドキとなり、脈拍が上がり、その場から逃げ出したくなります。
その機能がノルアドレナリンの機能なんです。

 

その機能を持っているノルアドレナリンを適度に働き過ぎないように働きかけるのが、セロトニンなんです。
ですから、セロトニン不足がパニック障害の原因と言われています。

 

パニック障害者の場合、ノルアドレナリンが多く分泌されて、セロトニン不足が起こることから、不安ばっかしが増し、そのことがパニック障害の原因となっているのです。

 

ですから、パニック障害の原因となっている、ノルアドレナリンの分泌を抑えて、セロトニンを何らかの手段をもって、増やしてやれば、パニック発作が起こりにくくなり、パニック障害の原因となる因子を抑えることができます。

 

 

それでは、どうして、パニック障害の原因となる、セロトニン不足を補うことができるのか、また、パニック障害の原因となるセロトニンを増やすことができるのか。

 

それには、朝早く起きて、朝日を浴びることで、パニック障害の原因である、セロトニン不足を増やす事が出来ます。
それと、軽い運動を行うことで、パニック障害の原因となる、セロトニンを増やすことができます。
あとは、パニック障害の原因となるノルアドレナリンの分泌を抑え、セロトニンを増やす食事をすることです。

 

どれも、パニック障害の原因となるものの解決策ですが、朝早く起きて窓のカーテンを開け、日光欲をするのも、パニック障害の原因の解決策でしょう。

 

そして、太陽の光を5分から10分は浴びて下さい。
そうすれば、パニック障害の原因を取り除き、ノルアドレナリンよりも、セロトニンが勝ちますから、パニック障害の原因となる、セロトニンが増えます。

 

そして、そのままベッドから起きて、軽い運動をしましょう。
そうすれば、パニック障害の原因である、セロトニン不足が解消されます。

 

運動するなら、室内で軽い運動でもかまいませんし、足踏み運動、階段上りおり運動などを行えば、パニック障害の原因となる、セロトニンが多く分泌されます。

 

 

パニック障害の原因となる、セロトニン不足を補う方法には、食事療法があります。
食事療法には、運動と合わせてやって欲しい治療法で、パニック障害の原因を取り除くことができます。

 

また、セロトニンが不足していることから、パニック障害の原因となる、セロトニンを作る材料である、トリプトファンとビタミンB6などを必要としますから、パニック障害の原因を断ち切って下さい。

 

パニック障害の原因を断ち切るためにも、トリプトファンを多く含む食材を食べることで、バナナ、ヨーグルト、プロセスチーズ、豆乳、納豆、赤み魚、ソバ、白米、肉類などに多く含まれ、パニック障害の原因の元をなくします。

 

ビタミンB6を多く含む食材には、鶏肉、牛肉、唐辛子、ニンニク、ピスタチオ、きな粉、まぐろなどがあり、これらの食材を食べることで、パニック障害の原因を断ち切ることができます。

 

しかし、いくらパニック障害の原因を断ち切るための食材といえども、偏った食事で、1度に多くを取ったところで、パニック障害の原因を封じ込めることは出来ません。

 

 

とにかく、自分自身のパニック障害の原因を突き止めよう。
パニック障害の原因が分かれば後は簡単に治療可能ですよ。

 

パニック障害の原因を突き止めて、食事なり、運動なりして治療を行いましょう。