パニック障害になりやすい人

パニック障害になりやすい人

パニック障害 なりやすい人

 

パニック障害になりやすい人とは、どんな人なんでしょうか。
よく言われるのに、パニック障害になりやすい人と性格は関係ないと書かれていることがありますが、どうなんでしょうか。

 

私が思うに、パニック障害になりやすい人は、元々気が弱くて、何に対しても恐がりの面があると思うのですが。
何に対しても恐がりの人って、パニック障害になりやすい人と言えると思います。

 

それは、ノルアドレナリンが人よりも多くて、セロトニンが人よりも少ない人なら、いつもなにかあると、人前でビクビクしているし、恐がりの面を持っていると思いますよ。

 

例えば、ジェットコースターに怖くて乗れない人なら、多分、パニック障害になりやすい人なんじゃないでしょうか。
そりゃ、エレベーターに乗るのが怖いくらいですから、ジェットコースターなら逃げられませんからね。

 

パニック障害になりやすい人は、何処へも行かれませんし、恐がりだと思われます。
夜に1人歩きが怖かったり、大勢の人前でしゃべったりもできないのも、パニック障害になりやすい人ならうなづけますね。

 

とにかく、人前で話すのが苦手だったり、何にでも恐がりだったりの人って、パニック障害になりやすい人って気がしますね。
芸能人にも、パニック障害の人がいますが、やっぱり大人しくて、人前で話すのが苦手そうな人たちばかりで、このような人達が、パニック障害になりやすい人なのでしょう。

 

電車の中で、パニック発作になる人でも、毎日発作が起きるのではないかと、ビクビクしている気の弱い人で、パニック障害になりやすい人と言えるでしょうね。

 

だいたい、パニック障害になりやすい人っていうのは、見れば分かりますね。
芸能人をみてみても、あの人は、パニック障害になりやすい人だ、と分かりますね。

 

まさか、気の強そうな、人の前でもガンガン物怖じしない人に、パニック障害になりやすい人だなんて思えませんからね。
大体にして、精神科を訪れる人に、気の強い性格の人はいませんね。

 

大体が、パニック障害になりやすい人って雰囲気の人で、気の弱そうな、ひ弱い感じで、身体にも馬力が感じられなくて、そういう人がパニック障害になりやすい人でしょう。

 

生まれもって、パニック障害になりやすい人って、セロトニンの分泌が少なくて、ノルアドレナリンが多いのでしょうか。

 

たとえば、切り立った崖の上で逆立ちする人なんかがいますが、あの人もパニック障害になりやすい人です、なんてあり得ないでしょう。
度胸のある人に、パニック障害になりやすい人は絶対にいません。
これは断言できますね。
ですらか、パニック障害のなりやすい人は決まっています。
パニック障害になりたくても、度胸のある人や心の強い人には、パニック障害者はいません。

 

ひ弱で軟弱な人にパニック障害者が多いのですが、人とケンカをすることが何ともない人や、平気で人を殴ったり殺したりする輩には、パニック障害者はいないでしょう。

 

それくらい、パニック障害者な気弱な軟弱者が多いということです。